青汁とは、緑色の緑黄色野菜を搾った汁のことです。昔は苦いもの、まずいものとされていましたが、最近は飲みやすく改良されており、おいしく毎日飲むことができるような味にしてあります。似たものにグリーンスムージーがありますが、より健康的なのが青汁です。

 

このような青汁がはやったのは、普段から緑黄色野菜を食べず、健康に悪いものを口にしている人が多くなったからです。昔のように農家でとれた野菜ばかりが食事に出てくるわけではありません。体に悪いものも平気で口にしてもしまう現代人ですので、そのままの生活を続けていると、やがて病気になってしまうでしょう。

 

昔の人は、食事を工夫して一汁三菜と呼ばれるものにしていました。一汁三菜であれば、病気を避けることができるようになります。人間には緑の食べ物が必要であることがわかるでしょう。現代の場合はなかなか緑の食べ物を食べることができないため、代わりに青汁が開発されたわけです。

 

青汁を飲む場合には、年齢はそれほど関係ありません。もともと自然のものをミキサーで回しているため、体に悪いことがありません。そのため、子供が飲む場合でも大人が飲む場合でも、問題なく飲むことができます。昔の成分に比べて科学的な危険性がある成分が少なくなっているため、特に問題なく口にすることができるでしょう。ただし、アレルギーを持っている子供の場合は少し気をつけなければならないことが限定的にあります。

 

アレルギー体質の場合は、それほど問題がありませんが、子供であっても特に問題なく飲むことができるのがほとんどです。緑黄色野菜が嫌いと思っていることも多いですが、緑黄色野菜のアレルギーを持っているのはそれほど多くないため、特に問題なく飲んでもよいでしょう。