こどもバナナ青汁は、健康飲料の商品名の一つです。名前の通り、子供の成長期に適していることが特徴で、青汁にバナナをはじめとしたたくさんのフルーツや野菜の成分を含んでおり味についても飲みやすいという多くの評価があります。青汁の成分については、国産の大麦若葉を使用しています。大麦若葉の中には、亜鉛や食物繊維などの栄養素が他の野菜と比べて格段に含まれていることで注目されています。さらに、スピルリナと呼ばれるスーパーフードの成分も含有されていることも特徴です。

 

リピーター率は約96.8%となっており、子供の成長や健康を考えたときに非常に優れた健康飲料に仕上がっています。このこどもバナナ青汁は何歳から飲むことができるのかを気にする保護者の方も少なからずいます。結論としては、こどもバナナ青汁を飲み始めるのは離乳食が過ぎたあたりから飲んでも大丈夫といえるでしょう。離乳食が済むまでは、あまり飲むのに適していません。

 

安全性については、こどもバナナ青汁を製造している工場は日本国内となっており、厳しい基準をクリアした商品のみをつくっているため問題はありません。人工の成分については、一切含まれていません。ただ、赤ちゃんのあたりにおいては大人よりもまだ病気に対する抵抗力が弱いこともありアレルギーを引き起こしてしまう懸念については全くないとは言い切れません。ですので、念のため離乳食が過ぎてから飲むようにしたほうが良いといえるでしょう。

 

アレルギーについては、原材料の一部に乳製品・バナナ・リンゴ・ももなどが含まれていますのでこうした果物にアレルギーを持っている場合には購入を控えたほうが安全です。また、原材料には含まれていませんが製造している工場では卵・小麦・そばなどを含んだ製品を生産しているためこれらの成分に強いアレルギーがある場合はこちらも控えるようにしましょう。

 

アレルギー体質の子供が青汁を飲んでも良いの?