青汁は、日本でも大人気の飲み物です。子供から大人まで飲むことができる青汁ですが、子供の場合、飲みにくい製品が多いです。ですが、こどもバナナ青汁は、子供でも美味しく飲める青汁です。栄養豊富なスーパー緑黄色野菜である大麦若葉に加えて、19種類のフルーツと野菜を贅沢に配合しています。

 

ビタミンAが豊富なケールや、カルシウムが豊富なカルシウム、リコピンが多いトマト、ビタミンCが多いブロッコリー、鉄分が多いほうれん草など、野菜の栄養が詰まっています。さらに、バナナ、リンゴ、ピーチ、マスカット、グレープフルーツ、パイナップルという子供に人気がある6種類のフルーツも配合されているので美味しい仕上がりとなっています。

 

こどもバナナ青汁には、話題のスーパーフードであるスピルリナも含まれています。スピルリナは、約30億年前から地球上にある植物で、50種類以上の栄養成分を含みます。世界保健機関も、理想的な栄養補助食品としてスピルリナを紹介しています。スピルリナの6割は、子供の成長に欠かせない植物性のタンパク質です。タンパク質は、人間の体を作る重要な栄養素なので、不足しないように摂取する必要があります。食事などから摂取した栄養素は、消化と吸収を経て、初めて栄養素としての価値が出ます。スピルリナは、栄養吸収率が非常に高いことで知られています。

 

こどもバナナ青汁は、乳酸菌とビフィズス菌のダブルパワーで腸の環境を良好に保ちます。善玉菌の一種である乳酸菌は、悪玉菌を退治して腸内環境を正常にします。こどもバナナ青汁は、健康のために1杯でヨーグルト15個分の乳酸菌が配合されています。ビフィズス菌も善玉菌の一種です。こどもバナナ青汁には、耐酸性のビフィズス菌を使っているので、生きたまま腸に届きます。