健康志向の強い現代では様々な健康食品が販売されていますが、中でも青汁は実に数多くの商品が販売されています。食生活が乱れがちで野菜不足の人や、便秘がちの人、肌荒れに悩む人などにとって有難い存在です。

 

そして多くの親を悩ませるのが子供の野菜嫌いです。工夫して野菜をメニューに取り入れても食べてくれず途方にくれる親も多いのではないでしょうか。そんな時に青汁を飲ませられたら手軽に栄養の不足分を補えて便利です。しかし子供に青汁はいつから飲ませられるのでしょうか。

 

ほとんどの青汁は自然の素材から作られているため、子供に飲ませても問題ないと言えます。赤ちゃんの場合は生後5?6ヶ月以降の離乳食を始めて暫くしてからが無難です。アレルギーなどの心配もあるため、最初は小さじ1杯から様子を見ながら飲ませましょう。
また青汁によっては抹茶などのカフェインを含んだものや1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけない蜂蜜が含まれるものもあるため、原材料はしっかりと確認することが大切です。

 

子供にはジュース代わりとして飲ませたい栄養豊富な青汁ですが、青々としたみどり色の見た目で嫌がることもあるかもしれません。
さらに味についても中には素材そのものの味をした青汁もあり、苦くて飲めないこともあります。そのような自体を避けるため、ほんのり甘さのある飲みやすい味のものを選ぶといいでしょう。

 

最近では子供のための青汁も販売されており、味はもちろん見た目もバナナオレのような美味しそうな色をしたものもあります。食材で補えることが理想ですが、それはなかなか難しいことです。上手く取り入れて子供の野菜不足を解消し、風邪などをひきにくい丈夫な体づくりの手助けに利用するのもお勧めです。

 

アトピーの子供に青汁を飲ませると良いって本当?