子供の成長に野菜は必要不可欠といっても過言ではないと考えられます。しかし、成長期の子供は野菜嫌い、または野菜よりも肉類などのタンパク質や炭水化物などを中心に食事をしがちです。このような食事になっていると十分な量の栄養素を摂取できていない可能性があります。栄養素が不足してしまうと子供の成長に悪影響が出てきてしまうことも考えられます。

 

そんな野菜不足の食生活を防ぐためにも、毎日朝食や夕食の前後に青汁を摂取することがオススメです。青汁には、食物繊維やミネラル、ビタミン類などの栄養素が豊富に含まれています。青汁の栄養素で特に成長期の子供に必要なのがビタミンやミネラル、カルシウムが挙げられます。これらの栄養素は子供の成長に大きな影響がある栄養素だとされています。身長を伸ばしたいという場合には、積極的に摂取することがオススメです。

 

青汁は苦いものというイメージがありますが、近年ではハチミツを使っていたり、味にクセのない大麦若葉などを使用しているため飲みやすくなっています。どうしても苦手という場合には、牛乳やジュースで割るのもオススメです。飲むのが苦手な場合はヨーグルトに混ぜて摂取したり、料理に入れるなどの工夫をすることができます。

 

青汁を選ぶ場合には安全性が高く国産の原料を使っていて、添加物の入っていないものを選んでいきます。中には抹茶や煎茶を入れて味をよくしているものもありますが、カフェインが入っており寝つきが悪くなってしまうこともあるため注意が必要です。また、味をよくするために人工甘味料が入っている製品もあります。人工甘味料は肥満につながりやすくなることから、避けることが健康には良い選び方といえます。

 

子供でも飲みやすい「こどもバナナ青汁」の安全性